top of page

夏のサンダルのサイズ感について


こんちわ。リマージュの長谷川久美です。


ついにセミが鳴き始め 毎年の風物詩。。。わが愛猫きなこが ベランダからセミを持ち帰るという事件が今年も、、、ww


家猫やけど 本能やねーー。命短いセミをいたぶってからに、、かわいそうに、、涙


虫恐怖症の娘がいたらパニックですが留守中でよかった(;'∀')まあ、夏セミ本番はこれからですがww


さて 本日のタイトル


「夏サンダルのサイズ感について」


靴を選ぶときには まずサイズを中心に考えますよね。


ただ靴の種類やメーカーによって変わる というのは当たり前の話です。


中でもサンダルって かかとの囲みがないものがおおいですよね。しかもバックストラップ付のものとかは特にそうなんですが


普段より 0.5サイズ 下げてもオッケーな場合もあります。


目安として 靴のかかとより 少し足のかかとが出るぐらい(それこそ5mmぐらい)


そのほうが ストラップのテンションが効いてホールド感がありますし、ずり落ちないですよね。


パンプスやローファーは 実寸よりも短いものを選ぶと 指先の伸ばすスペースがなくなる危険性があるので 基本的にはNGですが


指先も解放されているサンダルであれば 試着してみて フット感が得られて きつい感じがないなら 0.5cm下げる選択もありです。


要は いつも23㎝履いてるから 必ず23㎝じゃないとダメという思い込みをはずしてみてくださいってことなんです。


かならず 2足(普段はいているサイズと 下げたサイズ)とも 試着して歩いてみてくださいね。


ご参考になれば嬉しいです!!


大阪 東京 「靴診断&試着会」を開催しております。


マンツーマンでしっかりと


「何故合う靴がみつからないのか」

「どんな靴を選べばいいか」

「今持っている靴は 足に合っているのか」


をお伝えするために 60分コースに変更しております。


こちらのページから 日程を出してますので是非 ご参加お待ちしております。




あーーー今日は蒸し暑いーーー大阪からお伝えしましたww


閲覧数:89回0件のコメント

コメント


bottom of page