top of page

何故私たちは「自分の足に合う靴がうまく見つからない」のでしょう

こんにちわ。Remageの長谷川久美です。


ブログがご無沙汰になりましたが、本日は「芦屋シンデレラシューズ講座」のレポートと「東京品川 靴診断&体験会」のご案内をしますね。



タイトルの【何故私たちは、自分の足に合う靴がうまく見つからないのでしょう】を講座やセッションで明るみにするのが、私の使命です。





2024年5月25日(土)あの「芦屋」で、シンデレラシューズ講座を開催することができましたーーーパチパチパチ。JR西日本アーバン開発株式会社(モンテメール)様におつなぎいただき、今回コーディネーターとして入っていただいた ナチュラリーの南方和美さんには感謝しかありません!!



とっても素敵な会場で、広々と使うことができました。


座学の間に、参加者様の足の計測を、リマージュスクール1期生卒業の北野亜美さんが担当してくれました。


あらかじめ、受付で普段履いている靴のサイズをヒアリングしたものと、照合してみると、、、ぴったり合っていた人はお二人だけでした(;'∀')


0.5㎝~1㎝大きめを選んでいる方が大多数です。


「何故!?なぜなのーーーーーー???」


ですよね。この回が特別だったわけではなく、何百人の計測をしてきた私としては「あるある」の現象ですww


思い込みのゆったり靴の感覚が「正しい」と認知されてしまい、ずーーーーーーっと間違ったサイズを履き続けているんです(がーーん)


なので、最初は受け入れがたいし、正しいサイズの靴を履いた時には「窮屈館」を感じてしまうのです。


でも、数値は嘘をつきません。


(稀に計測値と靴のサイズが、色々な理由でズレることはあります)



大は小をかねるし、きつい靴よりはゆったり目の方が足に良いのでは?


そう考える気持ちもわかります。


でも、「大きなサイズの靴」を履き続けるリスクは、めっちゃくちゃデカいのです。

大胆に言うならば 「足トラブルを引き起こしている人の9割が大きめの靴をはいている」のです。これは10年足トラブル専門家として従事してきたハセクミの経験値から申し上げております。



まずは、正しい計測値を知ることが、正しい靴選びの第一歩です♪


「とても勉強になりました」「自分の足のサイズを勘違いしてました」「靴を選ぶときにそんなポイントを観たことがなかったです」


嬉しいご感想をいただき、無事終了しました。ご参加の皆様ありがとうございました♪


リマージュのオリジナルの足計測は、そうする理由があり、それもセッション内ででお伝えさせていただいてます。


靴選びの極意をお伝えすると 皆様口をそろえて


「初めて聞きました!!そんなところ、チェックしたことないです」


とおっしゃいます!!そう、ググってもでてこんのですよ。


でも、めっちゃんこ大事なので、是非、情報を取りにご参加くださいね。


【東京品川 靴診断&麗子のパンプス体験会】


20246月8日(土)

   15時~16時半


2024年6月9日(日)

  午前(10時半~12時)

  夕方(15時半~17時)

  夜(18時半~20時)



【大阪 靴診断&麗子のパンプス体験会】

随時開催



詳細、お申込みはこちらから♪




芦屋シンデレラシューズ講座の一部をInstagramで声出しで紹介してます♪





閲覧数:56回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page