大きな靴の弊害 ~とても大切なこと~



こんにちわ。リマージュの長谷川久美です。 先日開催した梅田イベントには、靴選びや足の事でお困りの方がたくさんご参加くださいました。ありがとうございます。



さて、そのうちのおひとりの方のレポートです。


M様は、すでにMakuakeで「麗子のパンプス」をご購入いただいており、届いた靴をみて 「これは小さいくて私の足は入らないんじゃないかしら。。はいったとしても足がぎゅって痛くなりそう」


と思い、足入れをせずに ご連絡をいただきました。


サイズを一つ大きいのを送ることは可能ですが、本当にそれがあっているサイズなのかを、ご本人に任せるのも私、たちの本意ではありません。


何故かというと


「足が痛い」「靴がキツイ」という感覚は とても主観的であいまいです


そこが 靴選びを迷宮入りさせていることは間違いない!!のです。



M様には 靴診断にご参加をいただき、足の採寸をさせていただきました。結果 最初に送ったサイズでも 少し大きいのです。


ご本人は 「足が当たると痛くなりそう」と、実寸よりも1cm大きなサイズに交換をしてほしいとおっしゃいましたが、


それを履いて歩くことは 足の健康を損なうことにつながるのです涙


そうやって、おおきな靴を履いて 変形痛みを起こしている人をたくさん見てきました。



もしも「靴を売ることだけが目的」であれば、お客様が欲しいとおっしゃるサイズを出すほうが早いし、嫌がられません。


でも、それが本来ではないんです。


この「麗子のパンプス」を履くことで、 足を健康に導いて欲しい、本当に足に合った靴がこれぐらいキュッとしまった感覚であるということを、皆さんに知っていただきたいんです。



本当に足に合った靴というのは、最初すっと入らないぐらい狭い感覚です。


特に、大きな靴を履き続けた方にとっては、見た瞬間から「こんな幅の狭い靴に私の足が入るの?」と疑問に思われることも よくあります。


ただし、本当に足の幅が広いかもいらっしゃいますので、そこを確認するためにも 足の採寸というのは外せないんです。


イベントで「靴診断&足採寸」は 4000円という有料のイベントにはなっておりますが、お値段以上の価値が提供できると自負しております。


たった4000円で「一生の靴選び」の概念が変わるんです。


知らずに生きていたら


ずっと間違った靴選び

ずっと合わない靴を履いて

外反母趾になったり

巻き爪になったり


そんな方をたくさん見てきました 涙


そして正しいメソッドをお伝えすることで、その方の 靴選びが変わり 足が良くなり いくつになってもヒールを楽しんでいただける


そんな未来をお届けしてます。


サイズ変更を希望されていたM様は、結果 最初に届けたサイズを履いて歩いてみたら、、「思ったより痛くないです」と、そのまま履いて帰られました。


ご帰宅後にLINEをいただき、「あのとき、久美さんに押していただきよかったです。帰りは心地よくパンプスを履いて帰宅しました」と。


あーーー一安心です汗



東京品川 靴診断&ご試着会

10月26日水曜日 ご参加者様募集中


大阪梅田 靴診断&ご試着会

日程リクエスト募集中です


お待ちしております


https://www.bss-remage.com/remage-event




閲覧数:73回0件のコメント

最新記事

すべて表示